最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

turedure8171

Author:turedure8171
FC2ブログへようこそ!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】
Trackback(-) | Comments(-)
『福島第一原発5、6号機いつでも再稼働可能]』と東電協力会社幹部が発言
『福島第一原発5、6号機いつでも再稼働可能]』と東電協力会社幹部が発言したそうです。


NEWSポストセブン 2011年8月25日(木)7時00分配信

東電協力会社幹部が、事もなげに言う。

メンテナンスは終わっており、5、6号機はいつでも再稼働できる準備が整っています。津波対策にも乗り出しており、消波ブロックを現在、積み上げている。25tのものを4000個と聞いていますが、最終的には1万個ぐらいになるでしょう」

再稼働? 驚きの証言である。



そんな事をやっている時間と人手、カネがあるのなら、汚染させた地域の除染、保障をするのが先だろうに! 『協力会社』幹部=東電からの天下りと考えて間違いない。人としての倫理観が無いと思う。



スポンサーサイト
腐れニュース | 【2011-08-26(Fri) 15:51:42】
Trackback:(0) | Comments:(0)
原発事故で更迭された経産省事務次官の松永和夫(59)退職金8,000万円、資源エネルギー庁長官の細野哲弘(58)退職金6,000万円、原子力安全・保安院長の寺坂信昭(58)退職金6,000万円 『モチロン全額いただく』
原発事故で更迭された経産省事務次官の松永和夫(59)退職金8,000万円、原発事故で更迭された資源エネルギー庁長官の細野哲弘(58)退職金6,000万円、原発事故で更迭された原子力安全・保安院長の寺坂信昭(58)退職金6,000万円 『モチロン全額いただく』

スゴイ感性のクサレ役人ですね。
人として理解できない。自分にだけカネが入れば良いと言う考えで今までも仕事をしてきたんでしょうね。

自分たちの仕事の結果として原発事故がおきてしまったというのに。
せめて自分の子供に説明できる仕事をしていただきたいものです。

『お父さんは原子力発電所を安全に運転するための規制をする役所の責任者なんだけど、今回の原発事故の責任を取らされてクビになったんだよ。でも大丈夫、退職金を6,000万円ももらったから。この事故についてお父さんはまったく責任がないからなんだよ。』

小学生の子供でも納得しないと思いますが。

当然、ほとぼりが冷めた頃に天下りする魂胆でしょう。
どこに天下りするのかもしっかりと公表していただきたい。


1000万円プラスで6000~8000万円

退職する3人は経産省事務次官の松永和夫(59)、資源エネルギー庁長官の細野哲弘(58)、原子力安全・保安院長の寺坂信昭(58)。ANNの試算によると、上積みは松永が18%、細野、寺坂が23%で、額にして1000万円以上という。 減額どころか…

経産省OBで慶応大教授の岸博幸は「これは何の責任もないと判断したのと同じこと。海江田大臣は国民に説明する義務があります」と批判するが、海江田は「退職金はまったく承知しておりません」

では、上積みされて退職金は総額およそどのくらいなのか。試算では松永が8000万円、細野、寺坂が6000万円程度という。吉永みち子(作家)は「こういう事態になっていて、減額どころか増額というのはとてもじゃないが」と、言葉が見つからない様子。

平林亮子(公認会計士)「いま、退職金について一般企業は業績悪化のためになくしたり、減額する方向で動いているところが多い。普通に見て高いなというのが正直なところ」

まるで責任を取らない官僚、政治主導を掲げた政権が今や官僚のいいなり。これで国民は納得できるかどうか。




【腐れ役人ニュース】 | 【2011-08-13(Sat) 22:11:55】
Trackback:(0) | Comments:(0)
地下原発推進議員連盟の鳩山由紀夫 『原発の依存度を引き下げるという考えを私は支持する』 はぁ?!
地下原発推進議員連盟の鳩山由紀夫が 『原発の依存度を引き下げるという考えを私は支持する』 と発言。

クサレ議員らしいまぎらわしい言い回しだが、原発事故の収束すら見えない今年5月に発足した『地下原発推進議員連盟』の参加者が何を言っているのか。

現在の状況を見てもなお、自分たちの利益のために原発を推進する議員は与党、野党を問わず、全員、次回の選挙でキッパリと落選させるべき!

隠れて原発推進を指示をする佐賀県知事。岸本一族の土建業の利益のために原発再開を主張する玄海町長。すべて次回の選挙で落選していただきたい。

腐った役人、腐った議員、腐った首長では新しい時代は創れない。

2011_08_06_01.gif

クチで何と言おうが、岸本一族のカネのために原発を推進する玄海町長 岸本英雄
人間として恥ずかしくないのか?


菅首相の脱原発は「妥当」 鳩山前首相が理解示す
2011.8.6 16:51

66回目の原爆忌の6日
 民主党の鳩山由紀夫前首相は6日、首相が同日の広島市内の記者会見で「脱原発依存」を政府の方針と強調したことについて「日本が原発への依存度を引き下げ、原発に依存しない社会を目指そうという発想で、政府の考え方として妥当なものではないか。原発の依存度を引き下げるという考えを私は支持する」と述べて理解を示した。北海道苫小牧市で記者団に語った。

 その上で鳩山氏は、首相が「脱原発」や「脱原発依存」といった言葉を使わず、「原発に依存しない社会」と表現していることに触れ、「聞く人によっては脱原発じゃないかと思わせたり、これからも原発は続けるのだなと思わせたりするなど不明確だ。むしろ、ここが一番の問題ではないか」と苦言を呈した。


原発の地下建設推進、議連発足へ 与野党党首ら超党派
2011年5月21日0時59分

 4人の首相経験者や与野党党首が顧問に名を連ねる「地下式原子力発電所政策推進議員連盟」が31日に発足する。表向きは勉強会だが、名前を連ねるベテランの顔ぶれから、大連立や政界再編に向けた布石との臆測も呼びそうだ。

 議連の顧問には民主党の鳩山由紀夫氏、羽田孜氏、自民党の森喜朗氏、安倍晋三氏の首相経験者のほか、谷垣禎一総裁、国民新党の亀井静香代表らが名を連ねた。たちあがれ日本の平沼赳夫代表が会長に就いた。

 地下式原発は地下に建設される原発。事故の際に容易に地下に封じ込められる利点があるという。三木内閣当時に検討が始まり、1991年に自民党内に勉強会が発足していた。



【腐れ議員】 | 【2011-08-06(Sat) 18:15:45】
Trackback:(0) | Comments:(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。