最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

Author:turedure8171
FC2ブログへようこそ!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】
Trackback(-) | Comments(-)
電力会社とズブズブの御用学者:野村豊弘(学習院大教授)、大塚直(早稲田大大学院教授)が原子力損害賠償紛争審査会の委員でありながら電力業界から月20万円ももらっていた!
電力会社とズブズブの御用学者:野村豊弘(学習院大教授)、大塚直(早稲田大大学院教授)が原子力損害賠償紛争審査会の委員でありながら電力業界から月20万円ももらっていた!

原子力損害賠償紛争審査会の委員はたった9人しかいませんが、そのうちの2人が電力業界から月20万円ももらっていた事が判明しました。

野村豊弘(学習院大教授) と 大塚直(早稲田大大学院教授)

東電からカネをもらっていたこいつらの決定がコチラ
  ↓
『原発事故(が原因)ではなく景気低迷の影響なので賠償不要』

もらったカネはすべて被災地へまわせ! ドアホがっ!

自分の子供に説明できるような、人として恥ずかしくない事をしていただきたいものです。


<原賠審委員>2人が電力系研究所で役職 毎月20万円報酬
毎日新聞 2011年9月23日(金)22時26分配信

 文部科学省の原子力損害賠償紛争審査会の委員2人が、電力会社側に運営を依存する研究機関「日本エネルギー法研究所」(東京都港区)の役職に就き、毎月20万円程度の報酬を得ていたことが分かった。審査会は東京電力福島第1原発事故に伴う損害賠償について指針作りを担っているが、同省原子力損害賠償対策室は「会議は公開で行われており、東電寄りの立場を取るとは考えられず、中立性は確保されている」と説明している。

 審査会は原発事故を受けて4月に発足し、現在は法律や放射線医療の専門家ら9人が委員を務めている。同省によると、9人のうち野村豊弘・学習院大教授は4月から同研究所の理事・所長に就き、月額20万円程度の固定給を得ている。大塚直・早稲田大大学院教授も同研究所の研究部長として同額程度の固定給を受けていたが6月末に辞任し、4~6月分の報酬を返納した。他に委員1人が同研究所の役職に就いていたが、委員就任に当たって役職を辞めていた。

 同研究所は81年、原子力を中心にエネルギーを巡る法律問題について調査や研究を進める目的で設立された。「官庁からも業界からも中立」をうたうが、運営費のほとんどを電力9社でつくる総合研究機関「電力中央研究所」(千代田区)からの研究委託に頼っている。【木村健二】





スポンサーサイト
腐れ学者 | 【2011-09-24(Sat) 12:11:19】
Trackback:(0) | Comments:(0)
東京電力が福島第一原発の低濃度汚染水を浄化して敷地内にまく計画を発表!
東京電力が福島第一原発の低濃度汚染水を浄化して敷地内にまく計画を発表したようです。

敷地内に積んである伐採した木が発火しないようにだそうです。

海水でも撒いとけドアホ!

いつもの通り『安全性に問題はない』と言ってますが、それなら東電本店の植栽に撒けば無駄にならないかと。 東電の主張をいつものように無批判に宣伝するNHKはすでに戦時中の大本営発表と同じか中国のマスコミと同じレベルと断言できる。

↓ 読む価値すらないNHKの記事

低濃度汚染水 浄化後に散水へ
9月23日 5時47分

東京電力は、福島第一原子力発電所で、5号機と6号機の建屋の地下にあった低濃度の汚染水を浄化したうえで敷地内にまく計画を明らかにしました。東京電力は「伐採した木の乾燥を防ぐためで、環境への影響はほとんどない」としていて、地元の自治体などに説明したうえで判断することにしています。

東京電力福島第一原発では、5号機と6号機のタービン建屋の地下に、津波や地下水が流れ込んで発生した低濃度の汚染水が仮設のタンクなどに保管されていて、その量は1万6000トン余りに上っています。この低濃度の汚染水について、東京電力は22日の記者会見で、放射性物質を吸着するゼオライトという物質を使って、海水浴場の水質基準を下回る放射性セシウムが1リットル当たり50ベクレル以下に下げるなどしたうえで、敷地内にまく計画を明らかにしました。一方、福島第一原発の敷地には、汚染水を保管するための仮設タンクを設置するため、森林を伐採して発生した樹木が屋外に山積みにされていて、東京電力は汚染水を浄化した水をまくのは、「伐採した木が乾燥して自然発火するのを防ぐためで、仮に海に流れたとしても放射性物質の濃度を低くするので環境への影響はほとんどない」としていています。東京電力は、まく水の量や時期を検討していて、今後、地元の自治体や漁協に事前に説明したうえで、最終的に判断することにしています。




原発関係 | 【2011-09-23(Fri) 17:13:17】
Trackback:(0) | Comments:(0)
自民党議員が原発関係の発言をする時は 『自民党の個人献金のうち、72%が電力業界からの会社ぐるみの「組織献金」ですが』 を付けてから発言すれば良いのではないかと。
原発問題で偉そうな事を言っている自民党議員に提案です。

原発問題の発言する前に『自民党がいただいている個人献金のうち、72%が電力業界からの会社ぐるみの「組織献金」ですが』 を付けて発言してはいかがでしょうか。

特に谷垣禎一自民党総裁は 『私は地下式原子力発電所政策推進議員連盟に参加しており、かつて原子力安全委員会にも参加していましたが』 も付けてから発言すれば良いと思います。


自民個人献金、72%が電力業界
2011年 07月 23日 02:08 JST

 自民党の政治資金団体「国民政治協会」本部の2009年分政治資金収支報告書で、個人献金額の72・5%が東京電力など電力9社の当時の役員・OBらによることが22日、共同通信の調べで分かった。

 当時の役員の92・2%が献金していた実態も判明した。役員個人の献金は政治資金規正法上、問題ないが、個人献金として会社ぐるみの「組織献金」との指摘が出ている。
http://jp.reuters.com/article/mostViewedNews/idJP2011072201000981


【腐れ議員】 | 【2011-09-18(Sun) 15:49:49】
Trackback:(0) | Comments:(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。